健康料理

「サバ」の栄養価とサバ料理「サバの彩り野菜あんかけ」を紹介。

寒くなるにつれて脂がのって美味しくなるサバ。
サバは、健康に欠かせない栄養素を豊富含む食材として、古くから食されてきました。

サバに含まれるトリプルパワーに注目

サバの魅力は、何といっても現代人に不足しがちな栄養素がバランス良く含まれているところ。

体とお肌の健康に効果を発揮します。

ビタミン
赤血球の生成を促し、貧血を予防する効果があります。

ビタミンD
シウムの吸収を助け骨や筋肉を強くします。

ミネラル
高い抗酸化作用があり、ガン予防やアンチエイジの効果が期待できます。
サバは、トップクラスの含有量。

不飽和脂肪酸

DHA
細胞膜や血管を柔らかく保ちます。

EPA
固まりやすい血液をサラサラにします。
血の巡りを良くし、ターンオーバーを促します。

しかし、オンライン予約できる百貨店の高級おせち料理にサバは入ってないです。

ぶりの照り焼きが入っている場合が多いですね。

サバ食べ方のコツ

【サバの脂は太りにくい】

サバは脂がのっている分、カロリーが気になる…ということはありませんか?

この脂こそが体にいい薬効成分。

血液中の中性脂肪とコレステロールを減らす働きがあるため、体脂肪が付きにくくなるのです。

雛人形通販で売っているひな人形のようにお肌がつるつるになります♪


サバの鮮度に要注意

DHCやEPAha、鮮度が低下して酸化すると有害物質に変化することも。

サバは脂質が多い分、鮮度の落ちるスピードが早いので注意しましょう。

サバの彩り野菜あんかけ

脂がのった新鮮なサバを、彩り豊かなあんかけに絡めていただきます。

材料2人分

サバ(3枚におろしたもの)
…………半身(約160g)
塩…………………1つまみ
小麦粉………………適宜
ごま油…………小さじ2
にんじん……回本(約40g)
いんげん………………30g
しいだけ……2枚(約30g)
玉ねぎ………切個(約30g)


汁…………150・
しょう油………大さじ1.5
砂糖…………小さじ2
みりん…………小さじ2

水溶き片栗粉
水…………………小さじ4
片栗粉…………小さじ2
いりごま(白)…………少々

つくり方

サバは4等分に切り、塩をふって10分位おく。
水気を ふきとり小麦粉をまぶす。
フライパンにごま油を熱し、サバを皮目から焼く(約2分)。
裏に返して2~ 3分焼き、中まで火が通ったら器に盛る。


にんじんは千切り、いんげんは筋を取って斜めの千切り、しいたけは軸を取りスライス、玉ねぎは繊維に 沿ってスライスする。


鍋にAの調味料、にんじん、玉ねぎ、しいたけを入れて火にかける。
沸騰したら弱火にして1分程度煮たところに、いんげんを加えて約1分加熱する。
強火にして、水溶き片栗粉を加えて混ぜ合わせ、とろみがついたら火を止め、①のサバにかける。
最後にいりごまをふる。

*サバ×緑黄色野菜

サバの良質な脂質とにんじんやいんげんに豊富に含まれるカロテンが、うるおいのある肌へと導きます。

Point!

サバにふり塩をしておくことで、旨味もアップ!

私は友人からサバの味噌煮が赤ワインに合うとのことを聞いて、その他に赤ワインに合うサバ料理がないか、インターネットで検索して色んなサイトを閲覧しました。

記事がありません

表示する記事はありませんでした。

記事がありません

表示する記事はありませんでした。